同じ事を何度も繰り返し聞く広汎性発達障害

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク
広汎性発達障害は同じ事を繰り返し聞く

同じ事を何度も繰り返し聞いてしまう広汎性発達障害って、やっぱりウザいですかね(汗)実は私もしょっちゅう同じ事を聞き返してしまうのですが、広汎性発達障害の特徴だと知り妙に納得したんですよね。

分からないと言うか、右から左に言葉が抜けていってしまうんです(汗)

 

同じ事を繰り返し聞くのには理由がある

広汎性発達障害は同じ事を繰り返し聞く

なんでしょう。。。相手の話をしっかり聞いてるけど頭の中でひっかからないんです、言葉が。

アスペルガー症候群って聞いている言葉が脳で上手く変換されないのですが、実は耳から聞いた言葉を脳の中で映像?に変えてから理解してたりするんですよね。

だから早口だったりすると、ハッキリ言って何を言ってるかすら聞こえない・・・

時々ブーンって話し声が聞こえたりするのですから、勝手に耳が拒絶しているみたいな感じなんです。

でも聞く気がない訳じゃないから分からない事を質問するのですが、結局何度聞いても頭に入らないから繰り返してしまうんですよね(汗)

だから

アスペって自分の好きな事しか聞いてないよね

とか言われちゃうんですよね(汗)

 

聴覚よりも視覚に伝えてくれると理解できる

自閉症スペクトラムの人は目で見ると覚えやすいのですが、私も聴覚よりも視覚の方が得意なのです。

自閉症スペクトラムの検査をした時あまりにも数値が違い過ぎて驚いたのですが、定型発達の人ならその差は15と言われている所が35も開いていたのですから、そりゃ聞いても分からないわけだww

一度見るとかなり記憶に残ってしまうので、今では逆に人の顔は見ないようになってしまったという(汗)

だからAS相手に何かを伝えるならメモにして視覚に訴えると案外スムーズに理解してくれるんですよ♪

 

言葉は相手が理解できるように伝えなければ意味がない

自分がアスペだからってのもあるのですが、多分ASの人の言葉が物凄く硬苦しかったりするのはきっと

人の話が分からない

って事を経験しているからなんだと思うんです。

良く言われるように発達障害の人は「あれ」とか「これ」とかが分からないのですが、それを自分で認識しているから必要以上に説明とか注釈が長くなっちゃうんですよね(汗)

言葉って何かを伝えるための手段じゃないですか?

だったらちゃんと相手が理解出来るように言わなきゃ意味がないんです。

もしかしたら分かってないかも?

そう思うとますます話が長くなるww

しかし健常者の人はそこまで言わなくても実は分かってたりするんですよね~

その能力、ハッキリ言って凄すぎなんですけど!!!

広汎性発達障害が何度も同じ事を繰り返し聞いてしまうのは、実はこんな問題があったからなんですよ♪

と言われたって、あんまりしつこいと面倒なんですけどね(汗)

スポンサードリンク
私が飲んでるおすすめサプリです!

発達障害が分かりやすい本を集めました!

無料でメール相談やってます♪

サイト管理人

こんにちは、まつりと申します♪
40歳になってから広汎性発達障害と診断された女性です。
発達障害で悩んでいる人が少しでも元気になれるようぼちぼちブログを書いています!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る