広汎性発達障害の私が長年飲んでいるサプリ

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク
広汎性発達障害とサプリ

広汎性発達障害の私は長年飲んでいるサプリがあります。これ、たまたま飲んだらめっちゃ良かったから未だに飲んでるのですが、実はデパスがほとんどいらなくなったんですよね♪

広汎性発達障害の他の人がどのような薬を処方されているか分かりませんが、薬を飲んでいてもいなくても辛い症状を改善したいと思うなら、私が飲んでいるサプリを試すと楽になるかもしれません。

発達障害やカサンドラ症候群の辛さを改善してくれたサプリに書いているので、気になるなら読んでみてくださいね♪

 

広汎性発達障害に必要なのはセロトニン

アスペルガーって脳内物質の一つ、セロトニンが定型発達の人よりも少ないんです。

だからストレスを感じやすいそうなのですが、積もり積もるとうつ病とかパニック障害とかの二次的障害なんてものが出てきてしまうんですよね(;^_^A

多分アスペだから体がダルイとか心がしんどいってのじゃなく、ストレスがマックスになってしまってるからメンタルが辛いのかも?!と思っているのですが・・・

だから発達障害の人は積極的にセロトニンを作る必要があるのですが、これ、人間の体が勝手に作ってくれない物質なんですよね。

そのためトリプトファンとビタミンB6を食べ物やサプリなんかで取り入れる事が必用なんです。

面倒だけど・・・

足りないなら補えばいい!!

お腹がすいたからご飯を食べる・・・みたいな感じですかねwww

 

発達障害の人は早起きして太陽を浴びよう

広汎性発達障害とサプリ

私、ご存じのとおり自閉症スペクトラムなのですが、何せ夜が遅いんです。

仕事が終わるのが早くて24時ってのもあるのですが、そこから3時間程ゆっくりと過ごすと朝の3時(;’∀’)

当然太陽を浴びる事なんてできる時間に起きられる訳もないのですが、本当なら朝の日の光を浴びるってとてもいいんですよね♪

以前テレビでも

うつ病を治すなら朝日を浴びると良い!

って言ってたのですが、精神的な病やメンタルが弱っている時は朝日って浴びないのかもしれません。

特にASの人って、仕事をしていなければ(私のように夜が遅いとかも)朝なんて起きれない人が多いはず。

ちょっと無理をしてでも・・・起きてみると三文の徳はあるかも♪

 

 

サプリでも気を付けないといけない成分もある

私はどうしてもパニックが酷くなった時だけデパスを使用しているのですが、薬と併用しない方が良い成分もあるんです。

それが「セントジョーンズワート」と呼ばれる成分なのですが、海外ではサプリではなく薬。それも抗うつ薬として処方される成分なんだそう。

私が飲んでいるのには入っていないのですが、もし今飲んでいるサプリがあるなら成分をチェックしてみてくださいね!

広汎性発達障害は色々と辛いな~と思う事もありますが、そんな時にはサプリを上手く使うと案外簡単に楽になれますよ♪

スポンサードリンク
私が飲んでるおすすめサプリです!

発達障害が分かりやすい本を集めました!

無料でメール相談やってます♪

サイト管理人

こんにちは、まつりと申します♪
40歳になってから広汎性発達障害と診断された女性です。
発達障害で悩んでいる人が少しでも元気になれるようぼちぼちブログを書いています!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る