チック症(トゥレット)は広汎性発達障害の人に多い合併症

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク
チック症と広汎性発達障害

チック症(トゥレット障害)広汎性発達障害の人に多いと言われる合併症なのですが、私がアスペルガーだと知ったのもこのチック症がきっかけでした。

これ、幼稚園の頃から記憶があるのですが、単なる癖だと思ってたんですよね(;^_^A

おまけにまさか自分の癖がトゥレット障害なんて言われるような名前がついてるとは全く知らなかったんです。

ストレスが溜まると酷くなって、ストレスがなくなると軽くなる・・・

自分でストレスチェックが出来るバロメーター程度にしか考えてませんでしたww

 

広汎性発達障害に多いチック症

特にアスペルガー症候群の人に多いのだそうですが、脳の似通った部分が発達してないのが理由との事。

チック症と広汎性発達障害

そう言われると確かに、人と接すると症状が酷くなって一人になるとあんまり出ない・・・

アスペって対人問題を抱えやすいと言われますが、実は自分の中でも人に対する違和感?!みたいなのを感じているんだと思うんです。

普通に話すけど本当は話したくない

とか

本当は話したくないけど頑張って話してる

みたいな感じ(汗)

別にアスペだから人が嫌いという訳じゃないのですが、相手の気持ちが良く分からないからか疲れちゃうんですよね。

協調性とか調和とか発達障害の人は苦手と言われますが、思っている以上に頑張ってるのかもしれません。

 

チック症が酷くなるとトゥレット障害

このチックには音声チック行動チックがあるのですが、音声と行動のどちらも症状として出ていたり長年症状が続いていると重度。

私って重度やん(-_-;)

無知ってこういう事を言うんですよね~、きっと。

  • 自閉症スペクトラムなのに自分は普通だと思ってる
  • 重度なのに単なる癖だと思ってる

きちがいがキチガイだと気づかない・・・みたいな感じなのかもしれません。

発達障害と同じで薬がないから上手く付き合っていくしかないのですが、もし治したい!!とか思ってたら精神的に辛かっただろうなと思います。

 

広汎性発達障害は自分なりの生き方を見つけよう

発達障害は遺伝の可能性があると言われているのですが、だからと言って親を恨んだところで答えなんて見つかりません。

だって辛いのは自分だし・・・

だったら全部受け入れて自分なりの生き方を見つける方が得策だと思うんですよね♪

定型発達の人も同じだと思うのですが、誰かに何かを求めたり、責任を他に押し付けたりしてる間はきっと幸せだと感じられないはず。

そうじゃなくて、

ASもチック症なんかも全部あるから自分!

みたいに思えたら、きっと広汎性発達障害があるから辛いなんて思わなくなると思うんです。

幸せを見つけるなら、自分から・・・

そんな感じなんじゃないかな♪

スポンサードリンク
私が飲んでるおすすめサプリです!

発達障害が分かりやすい本を集めました!

無料でメール相談やってます♪

サイト管理人

こんにちは、まつりと申します♪
40歳になってから広汎性発達障害と診断された女性です。
発達障害で悩んでいる人が少しでも元気になれるようぼちぼちブログを書いています!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る