広汎性発達障害(PDD)には感覚過敏と感覚の鈍さがある

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク
広汎性発達障害の感覚過敏と鈍感さ

広汎性発達障害(PDD)には感覚過敏と呼ばれる過敏さを持っている人が少なくないのですが、これは自分でも納得してるんです。

私は広汎性発達障害と診断されて初めて知ったのですが

  • 今まで変な音聞こえてたんって聴覚過敏やったんや!
  • 眩しさが気になるのって視覚過敏ってやつか!
  • 誰も匂わないニオイに敏感なのも嗅覚過敏だったのね!

なんて思い当たるふしが腐るほどあったから。

だけど逆に自閉症スペクトラムには感覚の鈍さもある・・・という事を昨日読んだ本に書かれていて、すごく腑に落ちたんです。

 

広汎性発達障害の感覚の鈍さ

広汎性発達障害の感覚過敏と鈍感さ

この大人の発達障害という本の中で書かれていたのですが、

疲れに対する感覚が鈍感で疲れている事に気づかず倒れてしまう

そうなんです、これ、アスペルガーの過集中が危険と言われるのにも繋がるんだと思うのですが・・・

私、体がダルいとか精神的に辛いとかは感じても体が疲れているという感覚がないんですよね(-_-;)

アスペって好きな事を始めると自分が納得するまでやり続けてしまうのですが、疲れないんです(汗)

それだけ体が丈夫なんだと思ってたんですが、何かが違うんじゃ?ってずっと疑問に思っていました。

毎日14時間くらいパソコンを触ってて、間にスマホもいじくり、毎晩寝るのは3時頃。

朝は10時頃に起きるのですが、そこからまたパソコンを触り・・・

さすがAS!!と言われるようなそんな生活が15年ほど続いていて、まるでブラック企業で務めてるかのように一日中パソコンの前にいるのですが・・・

疲れてない訳ないと思うんですよね(;^_^A

だけどつかれるという感覚がスッポリ抜けてしまっていて、

あ~疲れた!

って言葉を言った事がないんです。

 

発達障害の過集中が止まらない

発達障害の子供の過集中はきっとご両親から見ると

この子、こんなに集中してて大丈夫かな?

って思うんだと思います。

だからストップをかけるのですが、大人の場合は自己管理しなきゃ無理ですよね?

だけど

どこらへんが丁度良いか分からへ~ん!!

ってのが今私が悩んでいるところなんですよね(汗)

おまけに好きな事をしているから余計に歯止めなんか効かなくて、毎日毎日365日、ほとんど変わらないルーティンな生活をエンドレスで続けていますwww

きっと定型発達の人はここらへん!ってのが肉体疲労で分かるのかな?と思うのですが、その感覚がどんな感覚かが分かってないからやり過ぎてしまうのでしょう。

広汎性発達障害の人は感覚過敏も持っていますが、同じように感覚の鈍さも併せ持っている人が多いのではないでしょうか。

流石に私も40代と言っても、すでにアラフィフwww

ちょと気をつけなきゃですね~

スポンサードリンク
私が飲んでるおすすめサプリです!

発達障害が分かりやすい本を集めました!

無料でメール相談やってます♪

サイト管理人

こんにちは、まつりと申します♪
40歳になってから広汎性発達障害と診断された女性です。
発達障害で悩んでいる人が少しでも元気になれるようぼちぼちブログを書いています!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る