人と話したくない時がある広汎性発達障害な人々

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク
人と話したくない広汎性発達障害

人と話したくない時って誰でもあると思うんですが、広汎性発達障害の人は特に多いかもしれません。

何せ広汎性発達障害の私は隣に夫がいても全く話さないなんて事が多々あるんで(;^_^A

何故話したくないか・・・

答えは単純で面倒だからwww

 

人と話したくない時の思考回路

元来アスペルガー症候群は自閉症スペクトラムと呼ばれる自閉症の一種。高機能自閉症なんていわれる事もあるのですが、一応知能障害のない自閉症みたいな感じ。

だから基本は自閉症のスペクトラム(連続体)なので、話したくない事や閉鎖的になって当然なんですよね(汗)

そしてこの閉鎖的な感情になった時の思考回路は

もう何も話さんといてくれ!!

みたいな感じ。

面倒なんです、相手の話しを理解しながら聞いて答えるってのが。

健常者の人でも疲れている時や精神的にいっぱいいっぱいの時って話すの嫌だと思うんですが、そんな事が日常的にあるのがアスペ。

脳の中で何かが上手く機能しておらず、思考回路が停止している状態になってしまうんですよね(-_-;)

 

急に無言になるアスペルガー

人と話したくない広汎性発達障害

だからアスペな人と話していると、それまで絶好調に話してたくせにいきなり黙り込むって事があると思うのですが、これ、パワースイッチがオフになった状態です。

他にも、ふと何かを考え始めると無言になってしまう事もあり、こうなると一点集中しちゃうので会話なんて成立しなくなってしまいます。

これは、自閉症スペクトラムの人は一度に色々な事を考える才能が欠落していからなのだと思うのですが、自分を見てても聖徳太子にはなれないタイプ。そらがアスペなんでしょうねww

右の人とも話し左の人とも会話を合わせつつ前の人とも笑顔で対応できる定型発達の人の思考回路を知りたいくらいです♪

 

意思の疎通にも問題がある発達障害

理解出来ないアスペルガー

誰かと話していても全く理解出来ずに何度も質問してしまう・・・

発達障害の人はこれが多いと思うのですが、意思の疎通が出来てないってのは障害がある人も理解してるんです。

だけど、相手が何を言っているか?がサッパリ分からない(汗)

で、結局話す事を辞めちゃうってケースもあるのですが、言いたい事が分からず何度も質問していくうちに相手の顔が嫌そうフェイスに変わるんですから、さすがにそれ以上聞けないです(泣)

同じ地球に生まれたのに、こうも理解出来んか?

なんて思う事なんて当たり前のようにあるのですが、普通の人のように上手くキャッチできるアンテナが折れてるみたいなんですよね。

そして話さなくなる・・・

広汎性発達障害の人は人と話したくない時があるのは、そんな時なんです(汗)

スポンサードリンク
私が飲んでるおすすめサプリです!

発達障害が分かりやすい本を集めました!

無料でメール相談やってます♪

サイト管理人

こんにちは、まつりと申します♪
40歳になってから広汎性発達障害と診断された女性です。
発達障害で悩んでいる人が少しでも元気になれるようぼちぼちブログを書いています!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る