広汎性発達障害(PDD)は考えや思考が整理出来ない

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク
広汎性発達障害は考えが整理出来ない

広汎性発達障害(PDD)の私は考え整理しにくく時々フリーズしていますww

思考回路が停止状態になってしまう広汎性発達障害の人は多いと思うんですが、動きは止まっていても頭はフル回転。

会話の最中にこれが起こると

おーい、聞いてる??」

なんて質問されるのですが、考えを整理する事でいっぱいで・・・聞いてないです(笑)

 

アスペルガー症候群は整理整頓が苦手

実際の片付けでもそうなのですが、なにせ物をどこにしまうかが非常に難しいと感じてしまうのはアスペルガーだからなんでしょうね。

写真に撮ってお見せ出来ないような我が家なのですが、物をどこに直せば良いか?が分からない物が多いんです。

昔から散らかしっぱなしでよく怒られたのですが、アスペって本当にグループ分けが苦手

ちょっとでもカテゴリーが違うと関連付けて考える事が出来ないのですが、私のブログのカテゴリ分けも多分変だと思います(笑)

例えば・・・

ここは鉛筆を入れようと決めるとそこは鉛筆の場所。だから消しゴムもボールペンも入れられない(;^_^A

この柔軟性の無さがアスペなのですが、こうなるとボールペンや消しゴムをなおす場所がないんです。

だってそんな場所作ってないから。

だからと言って新しい場所を作るスペースがないから

とりあえず床にでも置いとこう!!」

そんな感覚でいるので、部屋が散らかってるのは当然なんですよね(汗)

こんな柔軟性のなさが考える事にも繋がり思考が停止する・・・んです。

 

理解出来ないのではなく繋がらない

広汎性発達障害は考えが整理出来ない

自閉症スペクトラムの人は瞬時に答えを求められると止まりますww

特に自分の専門分野以外なら、まず一度フリーズして考えて答えを繋げてやっと答えが出せるから、きっと健常者の人からするとイライラするんですよね(汗)

先ほどのカテゴリ分けで例えるなら

「このボールペン直してね」

と頼まれると心の中では

(でも、鉛筆なおす場所しかないやん。どこに直すんやろ?ボールペンっていったい何?

みたいな事から始まり

(直してって言う事はどっかに場所があるって事?え?それ聞いてないし・・・あれ?ボールペンって物書くやつだからもしかして鉛筆直す場所って事?)

「ボールペンって鉛筆いれてる場所でいいんですか?」

と言うと

「当たり前やろ、お前はアホか!!」

って怒られる(笑)

こんな感じで物事が点と点しかなくて、定型発達の人のように一つの流れにならないのが発達障害なんだと思うんです。

特にASの人は「これはここ!!」みたいなこだわりが強いから余計になのかもしれません。

一度じゃ無理かもしれませんが、何度も繰り返すといつかは覚えるので、覚えてしまうと大丈夫なのですが、その覚え方もやっぱり

鉛筆 = ボールペン

という点だから、もし次に万年筆なんて物が現れるとまた繋がらないんですけどねww

広汎性発達障害(PDD)は考えや思考が整理出来ないと良く言われますが、整理する場所や考える方向性が導き出せないんじゃないかな?私は思っています。

スポンサードリンク
私が飲んでるおすすめサプリです!

発達障害が分かりやすい本を集めました!

無料でメール相談やってます♪

サイト管理人

こんにちは、まつりと申します♪
40歳になってから広汎性発達障害と診断された女性です。
発達障害で悩んでいる人が少しでも元気になれるようぼちぼちブログを書いています!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る