3人以上になると会話が出来ない広汎性発達障害(PDD)

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク
3人以上だと話せない広汎性発達障害

3人以上になると途端に話せない広汎性発達障害(PDD)ですが、私も2人なら話せるのに3人以上になると会話が出来なくなってしまいます(汗)

2人だと目の前の人とだけ話せば良いのですが、それ以上人数が増えると一体誰と話せば良いかが分からない。広汎性発達障害の人はこんな人が多いはずです。

 

大勢だと会話が耳に入らない自閉症スペクトラム

人数が増えれば増えるだけ意味不明になってくる自閉症スペクトラムなのですが、私は昔から沢山の人と話すのが苦手でした。

だから学生時代に友達が出来てもいつも一人・・・と言っても、一人しか出来ないんですけどねww

今仕事をしていて、通常は1対1で話す事が多いのですが、たまに2対1になってしまう事があるんです。

こうなると自閉症スペクトラムは

目の前の人としか話さない

というかなり失礼な態度を取ってしまうという(;^_^A

臨機応変に話しを合わすという事が出来ないからか、大勢で話しをしても結局無言になってしまうんですよね(汗)

 

アスペルガーは誰に話して良いかが分からない

3人以上だと話せない広汎性発達障害

5人とか6人とかになるともうハッキリ言ってプチパニックが起こります。

「それ誰に向けて言ってるんだろう?」

なんて考えていると実は自分に向けられていたり

「あ、私に対して話してるな!」

と思っても本当は違う人に話していた・・・なんて事は良くある事。

こんなのが分からないアスペルガーなので、誰が誰に向けて話しているか?が全く理解出来ていないのです。

しかし健常者の人はこれが凄く上手いんですよね~

上手く聞き流したり、受け答えが出来てるのを見ると凄いなと思うのですが、頑張って真似てみたところでアスペじゃ無理(笑)

マンツーマンの会話ですら理解出来ていない事が多いのですから(-_-;)

 

じっくりと話す相手には最適

発達障害は1対1なら話せる

発達障害の人は聴覚から入る言葉を脳が上手く変換しない事が多いのですが、もしこれが時間をかけてじっくりと話すような話しならとっても得意なんです♪

一つの題材に対して永遠と話し合う、もしそれが自分の好きな事だったら朝まで膝を突き合わせて話しちゃいますww

しかし会話の流れが速い場合、特に女性同志の会話は次々にテンポ良く進んでいくのですが、多分ASの人は3つ前の内容の事について考えているはず。

だから、物凄く後になって

私は〇〇だと思うよ!

って、それいつの話しやね~ん!

なんて突っ込まれてしまうんですよね(汗)

3人以上になると会話が出来ない広汎性発達障害(PDD)ですが、これは単に向き不向きの問題。つまり発達障害には出来ないって事なんです(笑)

スポンサードリンク
私が飲んでるおすすめサプリです!

発達障害が分かりやすい本を集めました!

無料でメール相談やってます♪

サイト管理人

こんにちは、まつりと申します♪
40歳になってから広汎性発達障害と診断された女性です。
発達障害で悩んでいる人が少しでも元気になれるようぼちぼちブログを書いています!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る