現在、広汎性発達障害(PDD)の人の過去ってどんな感じ?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク
広汎性発達障害(PDD)の過去

現在広汎性発達障害(PDD)の人の過去ってどんなだったの?と質問されたので答えてみたいと思います。

とは言っても、現在のみらず過去から広汎性発達障害だったのであまり変わり映えしないんですけどね(汗)

 

広汎性発達障害の子供の頃

アスペルガー症候群の私は昔から

物事が気にならない子

だったんです。だから

「これどう?」

とか

「これ好き?」

などと聞かれてもどっちでも良くて(汗)だから返事は

「うん」

反発する事がないので両親なんかは受け入れていると思っていたようですが、受け入れているのではなく何も思っていない。ってのがアスペルガーなんですよね(;^_^A

中には出来ない事があるとキーっとなったりする子供もいるそうですが、これはアスペでも性格の違いやアスペの種類の違いなんかがあるのでしょう。

 

過去の写真に笑顔がないアスペルガー

広汎性発達障害(PDD)の過去

昔の写真を見返すと良く分かるのですが、私の写真ってほとんど笑顔がないんです。

笑ったつもりなんだけどな~

ってのもなく、写真を撮ると言われたから写ってるだけ。みたいな感じですww

大人になった今でもあまり笑っていない写真の方が多いのですが、笑うという行為が結構難しい・・・

きっと普段から笑顔にならないアスペルガーなので、笑い方や笑顔の作り方ってのがワカッテナイんだと思います。

だから無理にでも笑おうとすると引きつった怖い笑顔になるというwww

 

やっぱり一番は友達の少なさ

発達障害は友達がいない

何よりも昔の自分を思い返すと友達が・・・いない(-_-;)

これ、ASの人には多いのですが、いないんですよね、友達って。

作ろうとはしてたんだと思うのですが、いざ出来ても面倒だったり会話についていけなかったりで、結局すぐに関係が終わってしまっていたんです。

そして一人でいる事が苦痛じゃないから、余計に積極的にはなれなかったんでしょうかね?

自閉症スペクトラムの人って、一人でいる事が好きだったりするからか、それはそれで楽しめるのですが・・・

そう言えば母にも良く言われました。

「友達いないの?」

って(汗)

日本って皆と仲良くするってのが当たり前な考え方なのですが、

何故仲良くしなきゃダメなのか?

が難しい・・・

話しも会わないし、話してても楽しくない相手と無理して仲良くする理由ってなんだんだろう?

そんな事を考えていたような気がします。

 

発達障害だと気づくタイミングも大切

私の場合は40代を過ぎ、既に主婦や仕事もそれなりにこなしてきた後で、自分が発達障害だと知りました。

つまり40年間は自分が普通だと思ってきたって事なのですが、もっと早くに知ってたら色々な事が変わったのかもしれません。

とは言っても、今までの人生で後悔するような事もないので・・・いつ発達障害だと知っても変わらなかったかもしれませんが(汗)

逆に思春期なんかでASだんなんて診断されてたら、それこそ落ち込みマックスだったかもしれません(;^_^A

現在、広汎性発達障害(PDD)の人の過去は多分皆さん似たり寄ったり。

一番顕著なのが人間家系の問題を抱えていたって事でしょうか?

スポンサードリンク
私が飲んでるおすすめサプリです!

発達障害が分かりやすい本を集めました!

無料でメール相談やってます♪

サイト管理人

こんにちは、まつりと申します♪
40歳になってから広汎性発達障害と診断された女性です。
発達障害で悩んでいる人が少しでも元気になれるようぼちぼちブログを書いています!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る