広汎性発達障害(PDD)は頭の中を整理するのに時間がかかる

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク
広汎性発達障害の頭の中

広汎性発達障害(PDD)頭の中整理するのに時間がかかるのですが、どちらかと言えば常に頭の中はゴチャゴチャ(汗)

整理整頓がかなり苦手なのは広汎性発達障害(PDD)の特徴なのですが、部屋も机も頭の中もスッキリした事がないというww

一つの事を考え始めるとトコトン考えてしまうのは、多分この整理整頓のやり方が分かってないからだと思うのですが、考え方もスムーズじゃないから定型発達の人よりも時間がかかってしまうんですよね(-_-;)

 

広汎性発達障害の頭の整理の仕方

パソコンで考えると分かりやすいのですが、デスクトップにフォルダがありますよね?

アスペルガーのデスクトップって、一見スッキリしていてもフォルダ開けたら笑っちゃう程めちゃくちゃだったりするんです(笑)

凄く汚いデスクトップが気になるから一応分けるのですが、どこに直せば良いか分からないのがアスペルガー。

だから画像を入れる所なのに関連するテキストファイルなんかが入ってて、後から自分でも

「なんでこんな所に入ってるんやろ?」

と首をかしげるのですが、

「理由があるからここに入れたんだろう」

なんて思うからそのまま放置ww

結局アスペな人って物事を分かりやすく整理するとか、綺麗に整えるという事が出来ないんでしょうね(;^_^A

 

発達障害の心の整理の仕方

広汎性発達障害の頭の中

頭と同じように、実は自閉症スペクトラムの人って心の整理も苦手だったりするのですが、小さな事でも悩み始めると自分で答えを見つけるまでエンドレスで考え込んでしまいます。

健常者の人でも同じだと思うのですが、違いは

「ま、いっか~」

がないってところなのかもしれません。

そしてあれもこれもを同時進行出来ない自閉症スペクトラムが一度悩み始めると、全ての事がストップしちゃうんです(汗)

だから主婦なのに晩御飯が数時間遅くなったり、買い物に行けなかったりと結構どんくさい事をしているんですよね(-_-;)

 

頭を整理するのに時間がかかる理由

整理整頓が苦手な発達障害

ASの人は何を片付けるのも苦手なのですが、そもそもフォルダそのものが正常に機能していないのかもしれません。

頭の中には沢山の引き出しがあるのですが、物事を関連して考える事が苦手だからか、繋がりを見いだせず流れを考える事が出来ないでいるのでしょう。

そして時間的な流れも体感でとらえるのが難しいので、

「これはどうすればいいんだろう?」

と一度考え始めると答えが出るまでそればっかり(汗)

「これはAだから①の所には直せないし、でも新しく入れる場所はないからどこかに入れなきゃならない。」

「だったら面倒だからAだけど①の所でいっか♪」

「いや待てよ、やっぱりAはAだから①はあかんなぁ・・・、そしたら②に入れる?いや、それもちゃうなぁ」

こんな事をエンドレスに考え続け、結局は①に直したりするんですからほんと発達障害の人って臨機応変さとか柔軟さが欠落してるんですよね(汗)

広汎性発達障害(PDD)は頭の中を整理するのに時間がかかるのは、そもそも整理の仕方がワカッテナイのに適当に直しているから。だから出すのも時間がかかってしまうのです。

スポンサードリンク
私が飲んでるおすすめサプリです!

発達障害が分かりやすい本を集めました!

無料でメール相談やってます♪

サイト管理人

こんにちは、まつりと申します♪
40歳になってから広汎性発達障害と診断された女性です。
発達障害で悩んでいる人が少しでも元気になれるようぼちぼちブログを書いています!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る