広汎性発達障害(PDD)が抱える人間関係のストレス

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク
広汎性発達障害は人間関係でストレスを感じる

広汎性発達障害(PDD)が抱える問題の一つに人間関係のストレスがあります。

もう、本当に自分でも何で?って思うのですが、人間関係が苦手で苦手で・・・人に会うだけでストレスを感じてしまうんです。

だから広汎性発達障害の人って自ら人付き合いを好んでしないのですが、帰ったらグッタリ。

魂が吸い取られたような感じなんです(;^_^A

 

広汎性発達障害の人間関係

ご存じのように、アスペルガー症候群の人って友達の輪に入れない人が多いのですが、輪なんてなくて点だけww

いても一人とかなのですが、最初は好んでこうなった訳じゃなかったはずなんです。

アスペルガーは学校という小さな社会に出た時から定型発達の人と同じように人間関係を学ぶのですが、学び方が違ったみたい(笑)

人とは接しない方がいいんだ!

友達は作らない方が楽なんだ!

そんな事を学んでしまうからか、大人になるにつれて益々孤立化していくという(汗)

 

人付き合いで感じるストレス

広汎性発達障害は人間関係でストレスを感じる

どうしても付き合わないとダメな人っていますよね?

例えば上司だったり部下だったり、仕事関係の人だと付き合わないって選択肢は選べません。

多分普通でも嫌な付き合いだと思うのですが、アスペが嫌だと思うと元来選べない選択肢にも関わらず選ぶんです。付き合わないって道をww

何故それを選んじゃうかと言うと、過去からの経験があるからなのですが、人と話していてストレスが溜まり始めると

  • 相手の話しが聞こえない
  • 言ってる事が理解出来ない
  • もう帰りたい(笑)

こんな気持ちが強くなってしまうんです。

で、自閉症スペクトラムな人でこの気持ちが最強になると帰ってしまうから意味不明だなんて言われてしまうんですよね(-_-;)

 

ストレスを感じない人間関係は発達障害にはない

発達障害のストレスの原因

一緒にいててもストレスフリーな人って多分ASの人にはいないんじゃないかな?

多かれ少なかれやっぱり合わない部分が多いから何らか思ってしまうので、気づけば一人家の中で自由な時間を桜花してしまう♪

発達障害の人の考え方はある意味マイナス思考に見えるかもしれませんが、自分を守らなければ生きていけないって分かってるんです。

だから子供の頃から自分を守る鎧や兜を身に着ける術を習得しているので、打たれても気付かない人が多いのかもしれません。

嫌味を言っても分からない発達障害だなんて言われますが、冗談が分からないのとは少し違って散々言われ続けてきたから身に着けた鎧で弾き飛ばしちゃってるのかもしれませんwww

広汎性発達障害(PDD)は人間関係でかなりのストレスを感じるのですが、実は感じない術も習得してたりするんですよ♪

スポンサードリンク
私が飲んでるおすすめサプリです!

発達障害が分かりやすい本を集めました!

無料でメール相談やってます♪

サイト管理人

こんにちは、まつりと申します♪
40歳になってから広汎性発達障害と診断された女性です。
発達障害で悩んでいる人が少しでも元気になれるようぼちぼちブログを書いています!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る